サプリメントで摂取

健康にはもちろん、美容にも効果があるとわかってきて、近年は世代や性別を超えた人気となっている水素ですが、最近はサプリメントで摂取している人が増えています。

 

水素といえば、「水素水」が有名ですが、水素水を入れる容器や飲み方、飲むタイミングなど、少なからず問題があります。その点サプリメントなら気軽にどこでも飲むことができるのが便利といえます。

 

水素サプリは水素を凝縮して固め、錠剤やカプセルになっています。
水素をサンゴカルシウムやゼオライトで固体化しました。副作用もなく、他のサプリと併用してもほとんど影響はないとされています。

 

ただし、異論もあり、サプリから発生した水素の量が水素水より下回るという説があります。

「水素水」

水素が注目され始めてからは、水素を家庭で作ることができる「水素水サーバー」が販売されるようになりました。

 

サーバーの価格は20〜30万円と高額で、レンタルでも月々5千円以上になります。また、水素は抜けやすいのでグラスにそそいだらすぐ飲んでしまわなければなりません。意識して飲まなければ水素を摂取することができないため、健康志向の高い方やアンチエイジングに真剣に取り組んでいる方から支持を得ています。

 

その点手軽に水素を取り入れることができるのは、アルミパウチなどの容器の水素水です。少量から試せるのがメリットで水素の濃度も信頼できます。アルミパウチなので水素が漏れ出る心配もありません。ただし、封をきったら飲んでしまった方がよいので、飲むタイミングが大切になります。
また、コスト面でも長く続けるには高すぎるというのがデメリットです。