水素風呂

水素は飲料用として販売されていることが多いのですが、「水素風呂」として利用する方法があります。効果はあるのでしょうか。

 

水素の分子はナノレベルという小さいもの、他の物質では入り込めない細胞の隙間まで入っていくことができます。

 

水素浴をすると肌呼吸により、水素が全身の皮膚から吸収されて肌の奥まで浸透してゆくと言われます。さらに呼吸をしているので、浴室内に充満した水素を口から取り込むこともできます。

 

なので、活性酸素が原因とされるシミ、シワ、くすみ、皮膚炎、乾燥などの改善が期待できるといわれています。

 

水素の効能で通常の入浴よりも血管を拡張するため、冷え症にも効果があるようです。また、乳酸を抑制したり代謝を促進する作用で、疲労回復にも効果が期待できます。

活性酸素を除去する水素

「ヒドロキシラジカル」という聞きなれない物質は、酸化力が強くて有毒な活性酸素です。

 

ヒドロキシラジカルは、細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリアのDNAを傷つけ、さまざまな病気や日常的な疲れを引き起こし、老化を進めてしまうといわれています。

 

活性酸素を除去する物質には、水素をはじめとして、リコピンやビタミンC、E、ポリフェノール、カテキン、などがありますが、水素はヒドロキシラジカルなど人体にとって有毒な悪玉活性酸素とだけ結合して体外へ排出するという特性があります。

 

水素浴はぬるめの温度で、10分以上を目安に入浴すると効果があるといわれます。